爪をきれいにするための習慣はある?|岡山市の深爪矯正・爪育成|爪のトラブルはケア専門サロン ネイルキュアへ

  • 0862273227

    営業時間:9:30~18:00(17:00最終受付)
    定休日:月曜・第2、4日曜
    ※岡山駅より徒歩10分

  • お問い合わせ

ブログ

爪をきれいにするための習慣はある?

スタッフのつぶやき 

岡山「深爪矯正・爪育成」専門サロン ネイルキュアBYネイルクリニークの平岡です!

 

爪をきれいにしたい。きれいにした爪を維持したい。

そんな方はぜひ爪のきれいにする、きれいな爪を維持するための習慣を

身に付けることをお勧めします!

 

爪をきれいにするための習慣は食事・運動・保湿です。

  1. 食事

食事は爪のもととなる大切なものになります。

爪は体の一部であるため体のほかの臓器と同じように血液から栄養を補給しています。

そのため、血液中に爪に必要な栄養が含まれていなければ爪をきれいにすることも維持することもできません。

爪に必要な栄養は主にタンパク質・鉄分・ビタミンです。

この3つの栄養素を意識的に取り入れた食事にすることで爪をきれいにすることに効果的です。

特にコンビニやジャンクフードが多い方は栄養が偏りがちであり、血液の質も低下してしまいます。

そのため、バランスの良い食事にすること、爪に必要な栄養を意識した食事にすることが必要になります。

 

  1. 運動

運動は爪の成長に大きくかかわります。

爪をきれいにするときに、今生えている爪をきれいにしようと思ってもそれは出来ません。

爪をきれいにするにはこれから生えてくる爪を

健康な状態に生えさせることで爪をきれいにすることができます。

そのため爪をきれいにするためには爪を生え変わらせることが必要になります。

爪の生え変わりは肌のターンサイクルと同じになります。

肌のターンサイクルは28日周期で行われていますが

加齢とともに周期は長くなってしまいます。

このターンサイクルの周期が長くなると爪の成長も遅くなります。

このターンサイクルを保つための方法が運動です。

運動することで代謝アップすることができ、血流の促進にもつながります。

代謝アップと血流促進することでターンサイクルを維持し

爪の成長を効果的にすることができます。

 

 

  1. 保湿

爪にとって大敵なのが保湿です。爪をきれいにするために保湿は欠かせません。

指先にある爪は、指先を使うたびに摩擦や当たりなどでダメージを受け乾燥してしまいます。

日常生活で使う頻度の高い指先は、お顔のお肌以上に乾燥へのケアが必要になります。

保湿クリームとネイルオイルを使用した保湿ケアを1日10回以上行うことで爪の乾燥を予防でき

爪をきれいにすることに繋がります。

 

爪をきれいにするための3つの習慣をご紹介しました。

爪をきれいにするための習慣は日常生活のちょっとした意識で取り入れることができるものばかりです。

意識をして行動を変えることを継続することでそれらは習慣になり、意識せずにできるようになります。

爪をきれいにするための行動を習慣にすることで綺麗な爪を維持できることにも繋がります。

皆さんも爪をきれいにする習慣を始めてみませんか?

 

 

爪矯正についてはコチラ♪

 

お電話または専用LINE@からご予約ください☆

 

#深爪矯正 #爪育成 #ネイルケア #フットケア #岡山

#巻き爪 #足裏角質

ページトップへ戻る