爪育成で爪のピンク部分が伸びるのはなんで?|岡山市の深爪矯正・爪育成|爪のトラブルはケア専門サロン ネイルキュアへ

  • 0862273227

    受付時間:9:30~18:00(17:00最終受付)
    定休日:月曜・第2、4日曜
    ※岡山駅より徒歩10分

  • お問い合わせ

ネイルコラム

爪育成で爪のピンク部分が伸びるのはなんで?

岡山「深爪矯正・爪育成」専門サロン ネイルキュアBYネイルクリニークでは

「爪のピンク部分を伸ばす」ことができるメニューをご用意しております。

 

深爪や爪が小さいことがお悩みの方で「爪のピンクの部分が伸びない」という方が多くいらっしゃいます。

この爪のピンクの部分は、大抵の場合、爪をただ伸ばしてみても縦長にはなりません。

それには爪の習慣と爪質が大きく影響します。ピンクの部分を伸ばすためには、「伸びるように育てて」行く必要があります。

 

ですので私たちは「爪育成」という方法で爪質と爪の習慣を変えて、爪を整えていきます。

その結果、写真のような縦長な爪が完成します。

 

 

 

何故爪を伸ばしただけではダメなのか?

爪のピンク部分を伸ばしたい場合、爪の習慣が大きく影響します。


 


例えば今まで長い間、深爪だったとします。


それを急に長くしても爪にその習慣がないため、ピンクの部分が伸びることはありません。


爪噛みの癖があった場合や、深爪の習慣があった場合は、爪のピンク部分もそのようにインプットされているので一緒に伸びてくることがないのです。


 


また、爪が弱く割れやすい人や、爪が薄い場合は爪自体の「質」が下がってしまっているので爪のピンクの部分とくっついていくことが難しいのです。


爪質が低下した状態が続くと、今までくっついていたピンクの部分も離れてしまい、爪が深爪になっていくこともあります。


また、様々な要因が重なると爪甲剥離という状態になってしまう場合もあります。


爪のピンク部分を伸ばすために必要なこと

爪のピンク部分を伸ばし、縦長な爪にする場合は


 


・爪の習慣を改善


・爪質の向上


・必要なケア


 


この3つが必要となります。


 


爪を健康な厚み、状態に育てることと同時に爪の習慣を変えていくことで爪は変わっていきます。


 


爪は皮膚の一部。


きちんとお手入れをし、細胞を活性化させて質を向上させることできれいな爪は育ちます。


お顔だと分かりやすいと思いますが、ちょっと良い化粧品を使ったからといってすぐに変化は起きませんよね。


また、手を抜いてしまうと状態は悪くなってしまいます。


爪質の向上とは元を元気にし、爪の環境とは良い状態をキープすることです。


 


もちろんすぐに変化が出るわけではありません。


爪をじっくりと育てていくことが必要不可欠です。


 


 


まとめ

爪の活性化とピンクの部分の活性化を同時に行い、爪のピンク部分が元の骨格まで伸びて定着させてあげること。


当店の爪育成はそのようなことを行っていきます。


 


また、爪先の扱い方も大切になってきますし、爪へのケアもしていかねばなりません。


なかなか自分だけでは難しそう・・・と感じると思いますが、私たち爪の専門家がしっかりとサポートしていきますので皆様理想の爪を手に入れることが出来ています!


 


もしも爪のピンク部分を伸ばしたい、爪を縦長に変えたい・・・


そう思っていれば一度ネイルキュアへご相談下さい!


 


爪育成で爪を変えることで手元に自信がつく、コンプレックスがなくなる!


そんなお手伝いとサポートをしています。


ページトップへ戻る