爪って何?どんな役割がある?|岡山市の深爪矯正・爪育成|爪のトラブルはケア専門サロン ネイルキュアへ

  • 0862273227

    受付時間:9:30~18:00(17:00最終受付)
    定休日:月曜・第2、4日曜
    ※岡山駅より徒歩10分

  • お問い合わせ

ネイルコラム

爪って何?どんな役割がある?

 爪は一体何のためにあるのでしょうか??

ただ指先にあり、勝手に伸びていくものと思っていませんか??

爪について知ることで、爪を大切にしようと思えるはずです!!

 

まず爪の役割として、指先に加わる力を跳ね返す働きがあります。これを「爪圧」といいますが、これによりものをつまんだり、薄い紙をめくったり、細かい作業が可能になります。

逆に爪がないと指先に力が入らず、細かな作業はもちろん、ものを持つことも困難になってしまいます。

また、指先を保護してくれる働きもあります。手や指先は毎日いろいろな作業に使われます。その作業で生じる摩擦や刺激から、指先の皮膚を守りってくれます。

爪が短すぎることで、刺激をダイレクトに受けた場合は指先にあかぎれが出来たり、皮膚が裂けてしまうことも起こるのです。

さらに指先は神経がすごく集中している場所。僅かな厚みの違いや、質感、少しの触感の違いを感じられるのも爪が助けてくれるからです。

 

また、足の爪は身体を支えるためになくてはならないものです。

爪圧により、踏ん張ることができたり、倒れないように身体のバランスをとったり、地面を蹴ることができます。

爪がなかったり、爪のある指が正しく地面に接していないと身体のバランスが崩れて腰やひざに痛みが出たり、転倒しやすくなったりもします。

まとめ


「爪が深爪だからいけない」というわけではありません。


お仕事の関係などもありますし、使いやすい爪の長さは人それぞれ。ただ、ピンクの部分を縦長にしたい方で白いところが少しもあってはいけない場合は爪の仕組み上、相反することになるので難しいです。


もし、そのような場合も私たちに相談していただけるとお力になれます!


爪の仕組みを理解したうえで、お客様のご要望に合う施術をご提案できるのが私たちの強みですから!


 


 


ページトップへ戻る